建築設計統合インテリジェント作図システム

開発実績の紹介

柱や壁・梁など、建築設計に必要な一連のデータ作成をロスなくスムーズに行う作図システムです。

INTELLIGENT DRAWING | 建築設計統合インテリジェント作図システム

独自の要素【壁,柱,梁,スラブ等】を作成することにより、詳細なデータの管理、独自の作図表現を実現します。

AutoCAD開発手法としてカスタム要素を採用し、建築設計に必要となる要素に対し、AutoCAD基本図形と同様の形状変更等の操作を可能にしています。

AutoCAD開発手法

要素はそれぞれ適切なグリップポイントを持っており、思い通りの変形が容易に行えます。

また、要素ごとに独自の寸法線を持たせ、材質による外観の違いを表現することで、図面の可読性を高めています。

グリップポイント

要素独自のプロパティを持ち、外観・情報の変更が容易に行えます。
もちろん、外観以外の素材情報等も持っており、情報を使用して特定部材を拾い出すことも可能です。

この機能により、単純な構造的ミスを事前に防ぐことが可能です。

外観・情報の変更

© Fresco Corporation, Inc. All Rights Reserved.