ライセンス管理ツール「フレックスログアナライザー」

ライセンス管理ツール

フレックスログアナライザー(旧ライセンス管理ツール)は、FLEXlmによって出力されたデバッグログファイルを解析し、ユーザや期間、製品(フィーチャ)などに応じたライセンス使用状況をレポートします。

複数拠点のライセンスを一元管理でき、リアルタイムに使用状況をモニタリングできます。
随時変化していくライセンスの使用状況を簡単な操作ですぐに抽出でき、効率的なライセンス管理が行えます。 資産投資計画、経費配賦の情報としてもご利用頂けます。 「フレックスログアナライザー(旧ライセンス管理ツール)」のチラシのダウンロード(PDF)

基本機能① | ライセンス使用数の表示

  • ライセンス使用数の表示
  • ライセンス使用数の表示

現在使用中のライセンス数の確認

現在使用中のライセンス数を製品・サーバごとにダイアログもしくはリアルタイムグラフで確認できます。

基本機能② | ライセンス使用数の推移

  • ライセンス使用数の推移
  • ライセンス使用数の推移

ライセンス使用数の推移

指定した期間のライセンス使用数の推移をグラフ出力します。最大値/平均値および製品ごとに集計が可能です。

基本機能③ | 稼働率

  • 稼働率
  • 稼働率

稼働率

指定した期間の稼動率をグラフ出力します。製品およびユーザ/PCの組み合わせごとに集計が可能です。

基本機能④ | 使用時間累計

  • 使用時間累計
  • 使用時間累計

使用時間累計

指定した期間の使用時間累計をグラフ出力します。製品およびユーザ/PCの組み合わせごとに集計が可能です。

基本機能⑤ | ライセンスサーバの一括管理

  • ライセンスサーバの一括管理
  • ライセンスサーバの一括管理

ライセンスサーバの一括管理

企業内に複数存在するライセンスサーバのFLEXlmデバッグログの一括管理が可能です。
※AutoCAD用ライセンスサーバとSolidWorks用ライセンスサーバ(異なるベンダー)という構成や分散環境などの複数ライセンスサーバを一括管理することができます。

基本機能⑥ | プロパティ情報での絞込み

  • プロパティ情報での絞込み
  • プロパティ情報での絞込み

プロパティ情報での絞込み

FLEXlmに出力されるユーザ@PCにプロパティ情報が付与できます。ユーザ@PCに付与した追加情報(例:部署など)での集計が可能です。
※ユーザ@PCに付与した追加情報で集計したレポートを出力します。

基本機能⑦ | 豊富なレポート出力

  • 豊富なレポート出力
  • 豊富なレポート出力

豊富なレポート出力

従来のレポートに加え、「ユーザ別利用状況」、「使用数推移2」の出力が可能です。ソフトウェア使用状況の分析にさらに役立ちます。

プロフェッショナル版機能④ | 借用ライセンス状況

  • 借用ライセンス状況
  • 借用ライセンス状況

借用ライセンス状況

現在の借用ライセンスの状況の出力が可能です。

オプション製品① | メール通知 オプション

  • メール通知 オプション
  • メール通知 オプション

メール通知 オプション

指定した使用数を超えた場合、管理者にメールで通知します。
複数の管理者にメール送信できます。※オプション製品は、別途購入が必要です。

オプション製品② | 使用者リスト オプション

  • 使用者リスト オプション
  • 使用者リスト オプション

使用者リスト オプション

使用中の製品名と使用PC名、使用者名をHTML形式で出力します。
※オプション製品は、別途購入が必要です。

販売実績

販売実績

使用者リスト オプション

使用中の製品名と使用PC名、使用者名をHTML形式で出力します。
※オプション製品は、別途購入が必要です。

基本情報

製品名 フレックスログアナライザー(旧ライセンス管理ツール)
価格 OPEN
動作環境

■本体(サービス)
・OS
 Windows Server 2016
 Windows Server 2012 R2
 Windows Server 2012
 Windows Server 2008 R2 SP1以降
 Windows Server 2008 SP2以降

■レポート
・OS
 Windows Server 2016
 Windows Server 2012 R2
 Windows Server 2012
 Windows Server 2008 R2 SP1以降
 Windows Server 2008 SP2以降
 Windows 10
 Windows 8.1
 Windows 7 SP1以降
※ 64bit OS上では32bit互換モードで動作します。
※ Microsoft .NET Framework 4.0がインストールされている必要があります。
※ 日本語版以外のOSはサポートしません。
※ Windows RTには対応しておりません。
※ 必要なCPUやメモリサイズは、管理するサーバ台数や収集するログによるサーバ負荷によって異なります。

■仮想環境サポート
・仮想ホストOS
 Windows Server 2016 Hyper-V
 Windows Server 2012 R2 Hyper-V
 Windows Server 2012 Hyper-V
 Windows Server 2008 R2 Hyper-V
 Windows Server 2008 Hyper-V
 VMware vSphere 5.5/6.0
※ クライアントOSのHyper-Vは対象外です。
※ 無償版および上記バージョン以外はサポート対象外です。

・物理マシン
 ・CPU
  第三世代(Ivy Bridge)以降のCorei5/i7 またはXeon E5 v2以上
 ・メモリ
  4GB以上
・仮想マシン
 ・メモリ
  2GB 以上を静的に割当/ メモリ優先度:高推奨
 ・プロセッサ
  論理プロセッサ:2以上/ リソース :予約50%以上、限度100%、重み「最上位」
 ・ディスク
  100GB 以上IDE推奨、固定容量推奨
※ サポートにおいては、実環境においても発生する問題として対応します。したがって、仮想化製品固有の機能、たとえばライブマイグレーションやバックアップなどをご利用の際は、当社製品の動作についてはサポートいたしません。当社の環境(実環境)での追試で再現しない障害に関しては、お客様の環境に起因する問題と判断します。
※ データベースの整合性維持については「実環境と同様の使い方をしている限り」とし、仮想化製品固有の機能を使用した場合のデータベースの整合性については保証いたしません。
※ 仮想環境での性能は、仮想サーバに割り当てられたプロセッサ数やメモリのサイズなどのリソースに依存します。サーバ仮想化に関する一般的なガイダンスおよび各商品のガイダンスにしたがって仮想 サーバを配備し、実際にご使用になる前に性能を中心にご確認ください。
※ 2017年7月現在の情報であり、必要動作環境は随時変更となる場合があります。将来的にも動作を保証するものではありません。
販売対象 AutoCADとSolidWorksをネットワークライセンスで使用している企業の管理者などを想定しています。
※他ライセンス管理にFLEXlmを使用している製品の対応につきましてはご相談下さい。
発売元 株式会社大塚商会
開発元 株式会社フレスコ

お問い合わせ先

お問い合わせ CAD Japan.comお問い合わせフォーム
※お問い合わせの際は、「お問い合わせ内容」にFLEXlmご利用製品名を必ずご記入ください。
 (例:AutoCAD、SolidWorksなど)

© Fresco Inc. All Rights Reserved.