営業用積算システム for Revit

開発実績の紹介

「ビルディング インフォメーション モデリング」(BIM)専用の建築設計ソフトウェア Autodesk Revit Architectureを用い、3Dでの外観確認と積算を同時に行うシステムです。
営業用積算システム開発実績レポート(PDFファイル)

COST MANAGEMENT | 営業用積算システム for Revit

Revitを用いて、アパートの外観を作成し、その建設費用を積算します。
作業の流れは、

  • 1) Revitを用いた3D図面の作成
  • 2) システムを用いた物件登録・積算

となっています。

Revitを用いた3D図面の作成

Revitの図面は、二次元ではなく三次元の立体データで、素材による表現の違いも持たせることが出来る為、見た目でイメージがつかみやすく、営業に適しています。

システムは配置された部材のデータから、適切な積算を行います。
また、システムで登録した物件はデータベースに保存されるので、施工時に取り出し、再利用することも可能です。

データベースに保存

図面に対する簡易的な構造チェック機能(ワンクリック)を使うと、構造的に強度が不足していないかを確認することが出来ます。

この機能により、単純な構造的ミスを事前に防ぐことが可能です。

図面に対する簡易的な構造チェック機能

© Fresco Corporation, Inc. All Rights Reserved.