CAD「Civil 3D」

CADソフトウェアのカスタマイズ

Autodesk社のCivil 3Dに「業務内容・使い道に合わせたカスタマイズ」を施すことで、

  • 作業時間の短縮
  • ミスの根絶
  • 一定品質の確保

を図ることができます。
以下、Civil 3Dを利用したカスタマイズを紹介します。

補修管理システム

このシステムの主な特徴は

  • 1.展開図を自動的に作成
  • 2.登録済シンボル、線種の利用で変状箇所の作図時間を短縮
  • 3.変状箇所に補修履歴を追加、補修履歴と変状箇所を双方向から検索
  • 4.資料(画像、PDFなど図面以外)へのリンクを設定
  • 5.作図から履歴管理・文書管理を一貫して行うシステム

となっています。
作業の自動化やシンボル登録で作図効率向上を実現。
基本的な履歴管理・文書管理はデータベースの導入不要です。

登録済シンボル、線種の利用で変状箇所の作図時間を短縮。

補修管理システム
  • 変状箇所に補修履歴を追加、補修履歴と変状箇所を双方向から検索。変状箇所に補修履歴を追加、補修履歴と変状箇所を双方向から検索。
  • 資料(画像、PDFなど図面以外)へのリンクを設定。資料(画像、PDFなど図面以外)へのリンクを設定。

© Fresco Corporation, Inc. All Rights Reserved.